スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災から6年 心の花 _34



今日で東日本大震災から6年。
あの日を忘れない。。。
でも進まなくてはならない。
ただ、ただ明日へ。。。
スポンサーサイト

被災地の写真は必要か不必要か

被災地の写真は必要か。。。
俺の答えは要るものと要らないモノがある。です。
日本に住んでいても海外だろうと災害は起こる。その災害を年月がすぎ親から子供へ、そしてその子供が大きくなってまた子供へと伝えていけるよいツールだと思います。親は子供を愛しているから守りたい。写真で伝えて次の災害への心の準備をさせてあげられる。これが写真のよい使い方だと思う。
では要らない被災地の写真とは。
人を尊敬していない写真です。そして悲しみを伝えられる技量とそれを正しい場所で発表出来ないのであれば撮る意味はない。そう思います。
写っている被写体を見て可哀想だ、痛そうだ、悲しそうだ。それを後世に残せる人が被災地の写真を撮るべきだと思います。
単純に現実離れした風景を撮りたい。アートな写真が被災地で撮れるかもしれない。そんな人を尊敬していない写真は要らない。
写真は資料でもありエンターテイメントです。被災地へ写真を撮りにいかれる方、一度立ち止まって考えてください。


東日本大震災から5年



今日で東日本大震災から5年です。
あの日の事を色々なメデァアでしていますが、映像を見るたびに昨日の事のように涙があふれます。
この5年間自分は何が出来ただろうか?全く何も出来ていないけど、ただ忘れたくない。たったそれだけしかありません。小さな小さな事すぎて悔しい。。。
毎月11には花の写真を。私は東日本大震災を忘れない。
こうして11日に花の写真をこのブログで毎月していましたが、次回からは年に一度にしたいと思います。
色々考えました。東北へ行ったこともない自分がこうして言い続ける事は東北の人はどう思うのだろう?ただの自己満足に過ぎないのではないか?とか毎月花の写真をする事は前を向いて歩いている事になるのか?とか。。。
5年。長いようで昨日の事の様に思い出すあの3.11。自分は何も出来ていないけどずっと忘れないでおこうと思います。
また来年のこの日、花の写真をしたいと思います。


心の花 _32



毎月11日は花の写真を。私は東日本大震災を忘れない。
でも今回は流石に。。。
先月嫁が入院して、無事退院かと思いきや先程救急車で運ばれました。うちの嫁はかなりの喘息持ちで、冬になると毎年体を壊すのですが、流石に二回目はこっちも心が折れそうです。
でも嫁には我が家の大好きな人の言葉を。。。
『ダウンしても立ち上がる。無様でも立ち上がり続ければ生きざまになる』
です。。。
今年は早く暖かくならないかな。早く桜が見たい。。。

心の花 _31



毎月11日には花の写真を。私は東日本大震災を忘れない。
2016年一発目の花。けっこう前に撮った写真です。人工的な着色によるモノですが、写真に残せば永遠です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。