スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛍火_ 最終回



ミュージシャンや俳優やお笑い芸人、映画監督やそして写真家。。。永く続けられる人はどんな人か。
私の答えは【子供であり続けること】だと思う
よく『あの頃よくあの人の歌聴いたな、でも最近の歌はイマイチなんだよ』という会話を聞く。それはあの頃と今の貴方を比べたら貴方が大人になってしまっただけで、アーティストはあの頃に比べたらスキルが上がっただけで心は変わらない。
今はイマイチなんて言う人はモノ作りをしていない人で、【何かを産み出す人】とは心が違うのだと、私は思う。長い間ずっと子供であり続けることの出来る人、ほんの一握りの人だけが持つ特殊能力だと思いません?


スポンサーサイト

蛍火_ 29



少年の夢
子供の頃は絵を描いているだけで幸せだった。中学の時フと美容師になりたい!と思った。何故だかわからないけど強烈に思った。それから少し大人になってそれなりに夢を目指したけどチャンスはやって来なかった
あの頃のそれなりは今考えるとアマっちょろい努力だったと思うが、あの頃の自分の心の中を今思い返せば胸が締め付けられる
今は写真しているだけで幸せ。少年に戻ってしまったのかもしれないなぁ

蛍火_ 28



中学生の時仲良くしてくれたちょっと女の子っぽい男の子がいた。何故かそいつといたら落ち着いた。
彼は頭が良く、自分は中2でタバコ吸ったりバイクに乗ったりしていたが何故かそいつには言えなかった。中3で高校受験の時頭良いくせに頭悪い高校を彼は選んだ。いや、選んでくれた。が正しいだろう。
やっぱり頭の悪い俺はそんな高校さえ落ちてしまった。彼はそんな俺に合わせてくれた高校を通い続けてちゃんと卒業した。
あの時おめでとうって言っていない
なんだか照れくさくて、情けなくて…
今なら言えるよ。ありがとう
必ず連絡するよ

蛍火_ 27



子供の頃の悩みってなんだったんだろう?
当時は当時で悩んでいたのだろうが…中学に行くのは悩んだな。小学生の時は友達もいなくて図書室でムーミン読むか屋上に上がる前にある階段の踊り場で校庭見ながらぼー…としていた。そんな感じだから『中学もこいつらと一緒か…』と考えていた
ま、結局自分は不良な中学へ行って人生ダメな方へ進んでいく訳だが、それはそれで楽しかったので、今考えてみたら子供の頃の悩みってなんだったんだろう?てなもんだね。。。


蛍火_ 26



自宅前にて
別に普通の光景ですが、家の前に田んぼがあるってなんかイイね~なんて考えて今の場所を選んだ訳ですが、夏になると蚊がスゴいんです。でも梅雨の夜になるとカエルの声を聴きながら寝ることが出来ます。
私の故郷鳥取は虫の声だったり、たまには動物が現れたり、そんな場所でしたから、今住んでいる大阪なんてとんでもなく都会な訳です。故郷に帰る事はないですが、もう少し静かな場所で生活したい…そう思います
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。